HOME

 

 

 広島市が目指している広島広域都市圏内の産業、経済、文化及び観光の一層の活性化については、地元経済を支える経済界としても、強固な連携のもと、その推進について取り組む必要があります。

 中でも、都市圏の中枢拠点である広島市の都心部へ流入する交通の円滑化を担う西広島バイパス都心部延伸事業の全線供用は、広島市のみならず、都市圏全体の活性化に必要不可欠であり、この事業の実現抜きには、圏域内の活性化を達成することはできないと考えています。

 こうしたことから、西広島バイパスについて、未整備箇所となっている都心部延伸区間の事業再開の早期実現を目指すとともに、同バイパスの早期全線供用に向け、地元経済界が一丸となって取り組んでいくことを目的として、「西広島バイパス都心部延伸事業促進協議会」を平成29年12月に設立いたしました。

 本協議会では、国土交通省等への要望活動の実施や、官民一丸による整備促進大会の開催を通した機運の更なる醸成及び国等へのアピール、整備効果に関する情報発信等により、同バイパス未整備区間の事業再開の早期実現、同バイパスの早期全線供用に向け、圏域の自治体と連携を図りながら取り組みを進めていくこととしています。

 

                

 

 

◎西広島バイパス都心部延伸区間 鳥瞰図